おすすめ記事

ルペン氏の極右勢力、支持拡大-準備できているとバルデラ党首

記事を要約すると以下のとおり。

ブルームバーグの世論調査によると、マリーヌ・ルペン氏が率いる極右政党「国民連合(RN)」は30日に行われるフランス国民議会(下院)選挙の第1回投票まで1週間を切る中、さらに勢力を伸ばしている。
LePen'sPartyIsStillinFront,WithLeftistAllianceSecondFrenchfarrightleadsaheadoffirstroundofvotingJune30Sources:Ifop;Elabe;HarrisInteractive;Ipsos;Odoxa;OpinionWay;Cluster17Note:Basedonaverageofpreviousfourdays,weightedbymostrecent  RNは「フランス国民の期待を即座に合理的に実現する唯一の運動だ。」
われわれは準備ができている。
 マクロン氏は欧州議会選挙で自身の党が惨敗したことを受け今月初めに解散・総選挙を決めた。
 RNは国民議会で最大グループを形成するが絶対多数に必要な289議席には届かなかった場合、下院は膠着(こうちゃく)状態に陥る可能性が高く、野心的な法案や改革は見送られることになるだろう。
 バルデラ氏とルペン氏は共に、相対多数では政権を握れないと表明している。
 バルデラは24日、RNは秋に幅広い協議の場を設け、ビジネスを簡素化しマクロン氏の政策である生産税の減税を継続すると述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ルペン氏の極右勢力、支持拡大-準備できているとバルデラ党首

Twitterでフォローしよう