おすすめ記事

ルペン氏極右の過半数阻止か、第1党に躍進へ-仏下院きょう決選投票

記事を要約すると以下のとおり。

フランスの国民議会(下院、定数577)選挙の決選投票が7日に実施され、即日開票される。
法案の採決強行や内政のアジェンダ(政策課題)修正も容易になり、不信任案可決の恐れもなくなる。
国民連合の絶対多数阻止を目指す各党の動きが選挙戦終盤で勢いを増したSource:Bloomberg  7日の投票に先立ち、世論調査各社が予測を公表できる最終日(5日)に明らかにした六つの調査結果でも115-162議席にとどまると予想される。
FrenchFarRightProjectedtoFallShortofMajorityinVoteSource:Elabe,Toluna-HarrisInteractiveNote:Ifop,Elabe,Toluna-HarrisInteractiveandIpsospollspublishedThursday  RN陣営が内閣を発足できるほど圧勝した場合、国防・外交政策を極右勢力が握る「コアビタシオン(共存)」政権となる。
RNのバルデラ党首は、政治色の薄いテクノクラートを起用することもできるが、反エリート勢力が台頭する議会で主導権を握ることは難しいだろう。
France'sLeftIsReadytoUpholdAnti-LePenFrontSwitchingsupportbetweenroundsiskeyfactorinelectionsSource:ElabepollforBFMTV,LaTribuneDimancheNote:OnlinesurveyJuly3-4of2,005people,including1,894onelectoralregister.  いわゆる共和国戦線(決選投票で極右候補を阻止するため、最有力候補に票を結集する選挙戦術)は、候補者に投票するのでなく、反対票を投じることを多くの有権者が嫌気し、苦しい状況となった。
短期的には生活必需品の価格を凍結し、マクロン大統領が進める年金制度改革をやめ、最低賃金を14%、公的部門の給与を10%それぞれ引き上げるとしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ルペン氏極右の過半数阻止か、第1党に躍進へ-仏下院きょう決選投票

Twitterでフォローしよう