おすすめ記事

ロシア産燃料運ぶタンカー、イエメン沖でフーシ派ミサイルに被弾

記事を要約すると以下のとおり。

大手資源商社 トラフィグラ・グループの委託でロシア産のナフサを運んでいた石油タンカーが、イエメン沖を航行中にミサイルに被弾した。
「タンカーとの連絡は続いており、状況を慎重に監視している。」
 石油価格の国際指標であるブレント原油は2カ月ぶり高値に上昇した。
アデン湾のマーリン・ルアンダ船出所:ブルームバーグ・ファイナンス、マップボックス、オープンストリートマップ  問題の地域と紅海南部では、数週間前からフーシ派が繰り返し商船を攻撃。
 アンブリーによればこれより先、インド系企業が運航するパナマ船籍の船舶がロシア産原油を積載して航行中、近くでミサイルが爆発した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ロシア産燃料運ぶタンカー、イエメン沖でフーシ派ミサイルに被弾

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう