おすすめ記事

ロンドンの勤労者、在宅勤務巡る攻防で優位か-出社日数調査が示唆

記事を要約すると以下のとおり。

ロンドンの勤労者の平均出社日数は週5日の半分に当たる2.5日を下回り、在宅勤務を巡る攻防で従業員側が優位に立っていることが示唆された。
 企業経営者や政府閣僚が在宅勤務の方が好ましいと考えている。
また30歳未満の週2.1日を上回る。
どのようにアイデアを創造して共有するかの根本的な部分を改めなければ、かつてのような発展は望めないだろうと語った。
しかし、このところ労働市場に緩みが見られることから今後、労使の力関係が変わる可能性がある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ロンドンの勤労者、在宅勤務巡る攻防で優位か-出社日数調査が示唆

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう