おすすめ記事

三菱UFJ証HD「ルールに基づき説明」-クレディSのAT1債販売で

記事を要約すると以下のとおり。

経営危機に伴い無価値化した クレディ・スイス・グループの永久劣後債(AT1債)について、国内証券大手5社による販売実態や営業姿勢が28日までに分かった。
 ゲーム開発会社コーエーテクモホールディングスがクレディSのAT1債41億円分を保有、2023年3月期決算で損失計上するなど企業業績に影響を与えるケースも出ている。
財務担当者らは同日までの2023年1ー3月期(第4四半期)の北村巧財務統括責任者(CFO)決算会見で、営業姿勢や販売後の対応などについても説明した。
金額について、これまでコメントを控えていた。
顧客に対しては丁寧な対応をしているーみずほ証券の浅井覚CFO「販売ルールに基づき説明していた」  三菱モルガンを傘下に持つ三菱UFJ証券ホールディングスの山本慎二郎CFOは、同AT1債販売先約1550口座のうち個人が1300口座、法人が250口座だと明らかにした。
販売ルールに基づき資料を使用して説明していた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 三菱UFJ証HD「ルールに基づき説明」-クレディSのAT1債販売で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう