おすすめ記事

上げ潮の日本企業決算、4-6月上振れ率2年ぶり大きさ-物価高恩恵

記事を要約すると以下のとおり。

SMBC日興証券の集計によると、TOPIX3月決算企業の純利益は前年同期比13%増の13兆6000億円となった。
 ソシエテ・ジェネラル証券の斎藤勉マルチアセットストラテジストは「物価の高止まりは名目で利益を押し上げる要因になる」と指摘。
 JPモルガン証券の西原里江チーフ株式ストラテジストの集計では、4-6月期の実質国内総生産(GDP)は年率換算で6%増と、市場予想の7%前後を上回る改善を見せている。
 2四半期連続で米成長率を上回るのは14-15年以来だ。
実際、7-9月期に入り横ばいでの推移が継続。
 好調な企業収益は日本がデフレ体質から脱却する上で欠かせない。
決算が悪ければその循環は途切れるが、今回の決算は「少なくとも途切れていないことを確認するものだ」と語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 上げ潮の日本企業決算、4-6月上振れ率2年ぶり大きさ-物価高恩恵

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう