おすすめ記事

不動産市場のシステミックな信用事由、ファンドマネジャー警戒強める

記事を要約すると以下のとおり。

世界中の不動産市場で警報が鳴り響く中、ファンドマネージャーの間でシステミックなクレジットイベント(信用事由)への懸念が強まっている。
SmallerLendersDominateMostCategoriesofCRELendingPercentageoflendingbyassetclassatendofH12023Source:MSCIRealAssetsPercentagesarerounded  米連邦準備制度が利下げに踏み切り、不動産への圧力を緩和するとの期待は、予想以上に強い今年1月のインフレ統計によって打ち砕かれた。
 そうした中で、米国の商業用および集合住宅用不動産ローンのデフォルト(債務不履行)率が8-10%に向かう傾向にあるようだと警告。
同会長は電話取材に対し、対照的に大手銀行は「ジブラルタルの岩山のように強い」と語った。
 データプロバイダーであるアルタス・グループの調査ディレクター、オマール・エルトライ氏は、「今後もディストレスのレベルは上昇し続けるとの見方を示した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 不動産市場のシステミックな信用事由、ファンドマネジャー警戒強める

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう