おすすめ記事

世界に遅れた日経平均復活の軌跡、バブル後遺症癒え脚光-主役は交代

記事を要約すると以下のとおり。

日経平均株価がバブル期の1989年末に付けた史上最高値を34年ぶりに更新した。
 80年代後半の日本株の高騰はあまりに急激で、実体経済からかけ離れた「恐らく人類史上最大のバブル」とCLSA証券のストラテジスト、ニコラス・スミス氏はみている。
株主への対応を重視する企業文化が定着し始めており、中国市場の乱高下で損失を被ったファンドなどにとっては日本株が最高値を奪回する起爆剤の一つとなったのが、デフレからの脱却だ。
 投資の神様と呼ばれる米国の著名投資家、ウォーレン・バフェット氏が日本の大手商社株の保有を増やしたことも日本株への投資魅力が高まった要因だ。
Japan’sTwoMainIndicesAreLeadingthePackSource:BloombergNote:DataasofFeb.17,2024.  上昇の持続性に懐疑的な慎重派は、勢い任せの相場に懸念を示す。
 一方、バブルの後遺症でリスク投資に臆病になった国内の機関投資家は日本株保有比率は89年の5%未満から30%にまで大きく増えた。
一貫した企業業績の伸びと収益性の改善で日本は長期的な強気相場にあるとの認識が海外でも広がっていると言う。
日本企業に限って見ても、資産価格の高騰を受けた80年代後半は銀行が上位を独占。
日経平均構成銘柄の37%は、株価純資産倍率(PBR)が企業の解散価値を表す1倍を下回るのは約3%とわずかで、ストックス欧州600でも2割以下にとどまっている。
足元の日本株の低いバリュエーションは、日経平均が「4万2000円くらいまではすぐにいくだろう」と予測。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 世界に遅れた日経平均復活の軌跡、バブル後遺症癒え脚光-主役は交代

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう