おすすめ記事

世界のジャンク債市場縮小、借り換え難航-満期迫れば先送り困難

記事を要約すると以下のとおり。

世界のジャンク級(投機的格付け)社債市場は2年連続の縮小に向かっている。
2022年に残高が2810億ドル減少と過去最大の縮小だったが、今年も約1700億ドル(約8%)減っており、このままいけば2回目の2年連続縮小となる。
 GlobalJunkFirms'DebtPoolShrinksAgainMarketseesback-to-backannualdeclineforonlythesecondtimeSource:Bloomberg  低金利と緩和的な金融政策が何年も続いていたが、現在はジャンク級企業がいつでも借り入れができる状況ではなく、発行市場が事実上閉ざされていることも多い。
ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストらによれば、18-36カ月以内に満期を迎える米ジャンク債の残高は07年以来の高水準で、借り手は間もなく借り手は間もなく借り手は間もなく借り換えを余儀なくされる見込み。
 「高金利での債務借り換えは、インタレスト・カバレッジ・レシオの低下を招き、最終的には数年後にデフォルト(債務不履行)を引き起こす可能性があると警告した。」
銀行融資の確保も難しくなっており、レバレッジドローン市場も引き続き機能せず、選択肢は限られる。
 市場は17年に景気回復を受け再び拡大したが、今回は借り手にとってそれほど幸運な状況にはならないかもしれない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 世界のジャンク債市場縮小、借り換え難航-満期迫れば先送り困難

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう