おすすめ記事

世界の金融市場、一段のボラティリティー上昇に身構え-中東緊迫化で

記事を要約すると以下のとおり。

世界の金融市場でトレーダーは相場の乱高下に身構えている。
金相場は13日、3月以来の大幅上昇を演じ、1オンス当たり1900ドルを回復した。
一方で米国は、ここ数日にイランと非公式ルートで協議を実施する予定だ。
投資家の間には、米議会が政府閉鎖を回避できるのかについての懸念もある。
 米下院は新議長が決まるまで、イスラエルへの新規援助を含めいかなる議案も決められない。
 いずれにせよ、中東の紛争が投資家にとって最大の波乱要因であることは間違いないだろう。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 世界の金融市場、一段のボラティリティー上昇に身構え-中東緊迫化で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう