おすすめ記事

世界債券利回りの最後の重し外れる、日銀YCC柔軟化-日本国債急落

記事を要約すると以下のとおり。

世界の債券利回りを押し下げていた最後の重しが外れ、債券相場上昇を見込んでいた投資家に衝撃が走った。
世界の国債の指数は過去7営業日のうち5日で低下し、2月につけた今年の最高値から約3%下落している。
    日本の10年物国債利回りは8カ月ぶりの高水準に迫り、オーストラリア債と欧州債の利回りも上昇した。
 中国平安資産管理(香港)のマネジングディレクター兼債券責任者、ゴードン・ツイ氏は「日本の国債利回りは上昇する可能性が高いため、日銀の動きは米国債投資家にとっては売り圧力と解釈されるだろう」と述べた。
 米連邦準備制度は引き締めサイクルの終わりに近く、リセッション(景気後退)を回避するために遠からず金利を引き下げざるを得なくなると考えている債券強気派にとっては、悪いニュースだろう。
三井住友DSアセットマネジメント運用部外債アクティブグループヘッドの国部真二氏は、28日の日銀の修正は単なる技術的なものだとの見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 世界債券利回りの最後の重し外れる、日銀YCC柔軟化-日本国債急落

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう