おすすめ記事

中国、利下げなど積極的な刺激策は望み薄か-景気対策限定的

記事を要約すると以下のとおり。

中国当局は不動産や製造業など特定の業界を対象とした支援措置を講じつつあり、当面は利下げなど幅広い刺激策を打ち出す選択肢はない可能性を示唆している。
さらに、先端製造業向けの税優遇も計画されているもようだ。
中国の製造業PMI、2カ月連続で縮小示す-景気懸念増大    ゴールドマン・サックス・グループの中国担当チーフエコノミスト、閃輝氏はリポートで、「このところ、「中国政府は景気を刺激するのかという問い合わせが最も多いと説明。」
 中国政府が設定した今年の国内総生産(GDP)成長率が5.7%になると予想。
支援策は今後も続き、不動産規制の緩和やインフラ投資の上乗せ、対象を絞った追加の消費インセンティブに踏み切る公算が大きいとリポートで指摘した。
 「緩和策の強化は景気安定化に必要だとし、「4月と5月の弱い指標を踏まえると、預金準備率の引き下げられる可能性が高いものの、米国の利上げが続いていることを考えると、中国の利下げは「難しい判断」になるとも同氏は指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国、利下げなど積極的な刺激策は望み薄か-景気対策限定的

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう