おすすめ記事

中国、大都市の住宅購入促進で住宅ローン規制緩和検討-関係者

記事を要約すると以下のとおり。

中国当局は大都市での住宅購入制限の緩和を検討しており、北京と上海の需要を長年抑制してきた障害を取り除くことになる可能性がある。
住宅ローン利用歴があるものの不動産を所有しない人が購入者となる場合は現在、セカンドハウス購入の際に適用される比較的高い頭金とより厳しい借入限度額の対象となっている。
 中小規模の地方都市では地元当局がここ1年で住宅購入規制を緩和あるいは撤廃した一方で、大都市での規制に対する政府の公式の立場は変わっていない。
首都北京では、2度目の購入者の頭金は40%。
更新前の記事は第2段落の不要な文章を削除・訂正済みです。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国、大都市の住宅購入促進で住宅ローン規制緩和検討-関係者

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう