おすすめ記事

中国でプラグインハイブリッド車人気、EV減速-テスラなどに課題

記事を要約すると以下のとおり。

中国・広東省に住むサム・チョンさんは最近、1台目となる乗用車を探していた。
BYDのプラグインハイブリッド車「秦PLUS」Source:BYD  中国では航続距離への不安を解消し、EVはわずか21%増加。
この傾向は今年も続いており、例年なら自動車販売全体では14%減少したが、PHVは16%減にとどまった。
 PHV人気の高まりは、完全EVのみを製造する米テスラや中国の小鵬汽車、蔚来汽車にとっても悪いニュースだ。
同社はPHVのプラットフォーム「DM-i」を約20年にわたり開発してきた。
 「BYDは圧倒的な存在で、テスラにはない武器を持っている。」
ハイブリッド技術のパイオニアではあるが、トヨタ自動車や日産自動車はプラグインにはあまり力を入れていない。
トヨタのウェブサイトによると、中国では20を超えるハイブリッドモデルを提供しているが、PHVはわずか2車種だ。
米エネルギー省によると、バッテリー式EVの普及は消費者はそれに反応する傾向にある。
PHVには需要があると語る。
「ハイブリッドに関する質問では、顧客が最も気にするのは各モデルの価格や燃費だが、EVの場合は安全性や航続距離など一般的な質問から入るのが普通だ」と明かす。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国でプラグインハイブリッド車人気、EV減速-テスラなどに課題

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう