おすすめ記事

中国との戦争の脅威、台湾総統選の争点に-頼清徳氏は平和を守れるか

記事を要約すると以下のとおり。

台北中心部の古いオフィスビル。
細心の注意を払いながら相手に不快感を与えない。
 頼氏が当選すれば、台湾ではあと4年間、平和と繁栄が続くか、あるいは野党の政治家が主張するように「地獄への扉を開く」戦争が起きる可能性を熟慮している。
TaiwanPresidentialPreference,July25Source:TaiwanesePublicOpinionFoundation.Photos–Lai:PhotographbyAnRongXuforBloombergBusinessweek.Ko:DanielAcker/Bloomberg.Hou:I-hwaChen/Bloomberg.  そこで夏休み中の学生が助けになる。
このビルの会議室に約50人の学生が集まり、若者票を掘り起こす方法を共有している。
 そして、総統選が非常に深刻な結果につながりかねないことを思い起こさせる厳粛な言葉が発せられた。
民進党本部で学生ボランティアとタピオカティーを飲む頼清徳氏Photographer:AnRongXuforBloombergBusinessweek  頼氏はその現実にひるむことはない。
これについて頼氏は、米国をはじめとする友好国に対し、いつの日か戦わなければならなくなるかもしれない現実をどう説明するのか。
海外メディアとのインタビューはこれが初めてだ。
言葉に気をつけるには中国語の方が良いと考えているようだ。
台湾副総統による訪米を認めるなど、この合意に違反するような行為があれば、中国政府が猛反発する危険がある。
国際通貨基金(IMF)によると、台湾の1人当たり国内総生産(GDP)は日本に次ぐ約3万4000ドル(約495万円)で韓国を上回り、中国が軍事力を一段と強化しており、全てをひっくり返す恐れがある。
インタビューの質問に英語で答えた数少ない例の一つだ。
民進党の会議を主導する頼清徳氏Photographer:AnRongXuforBloombergBusinessweek  今年まで米国家安全保障会議(NSC)の地理経済担当チーフアナリストのジェニファー・ウェルチ氏は、ドアが開かれているという頼氏の発言は「中華人民共和国にとって十分ではないだろう」と指摘する。
 中国が台湾に軍事侵攻すれば、驚異的な繁栄の時代に壊滅的な終わりをもたらすだろう。
ブルームバーグ・ビジネスウィーク(2023年8月21日号)Photographer:AnRongXuforBloombergBusinessweek  戦争が起きる可能性は低いとはいえ、あり得ないことではないと多くのアナリストは考えるだろう。
 民進党からすれば、台湾の主権が損なわれないという考え方だ。
「平和がわれわれの目的地であり、民主主義がわれわれの羅針盤だ。」
民進党への投票は戦争に賛成票を投じることだと彼らは言う。
1987年創業の同社は現在、携帯電話から弾道ミサイルまであらゆるものに使われる半導体での米国の台湾依存は持続不可能とさえ述べていた。
 台湾では、最先端の半導体技術が十分に米国に渡れば、中国の侵攻から台湾を守ろうとするいう米国のモチベーションが下がるといった「米国懐疑論」が台頭している。
台湾の呉釗燮外交部長Photographer:AnRongXuforBloombergBusinessweek  発信元がどこであれ、米国の意図を巡る疑念に頼氏は選挙戦で対応しなければならない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国との戦争の脅威、台湾総統選の争点に-頼清徳氏は平和を守れるか

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう