おすすめ記事

中国不動産不況に思わぬプラス効果-浮いた住宅購入資金が消費に回る

記事を要約すると以下のとおり。

中国南部の都市で学校の教師をしているキム・リさんは、住宅購入の先送りを決めたことで、旅行に回す資金を確保できた。
 ゴールドマン・サックス・グループなどの多くのエコノミストは、中国では事情が異なると主張する。
ChinaHouseholdSavingsRateHigherThanAdvancedEconomiesHighrateduetopropertyinvestment,precautionarysavingSource:ChinaNationalBureauofEconomicAnalysis;Eurostat;Bloomberg  この議論は、中国の不動産不況に思わぬプラスの効果がある可能性がある。
 昨年の不動産価格下落によって中国の家計貯蓄率が低下した際、代替効果の兆しが見られた。
 こうしたメカニズムにより、今年の個人消費の増加率(インフレ調整後)は6%となり、中国で代替効果が資産効果を上回っているかについては、全てのエコノミストの見方が一致しているわけではない。
 ここ数年のエビデンスはまちまちのように思われる。
「信頼感が引き続き鍵を握っている」とゴールドマンのウェイ氏は指摘した。
 これに対する解決策は、景気刺激策の投入かもしれない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国不動産不況に思わぬプラス効果-浮いた住宅購入資金が消費に回る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう