おすすめ記事

中国不動産開発の万科、香港上場株は売り-JPモルガンが判断

記事を要約すると以下のとおり。

中国の不動産開発会社、 万科の香港上場株に対し、ウォール街のブローカーが「売り」に相当する投資判断を初めて示した。
 JPモルガンのカール・チャン氏らアナリストは1日付のリポートで、万科の株価は一時12%安となり、上場来安値を更新した。
 幾つかの企業破綻を招いた中国不動産セクターの数年にわたる低迷は、政府による大手建設会社支援の指標と見なされている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国不動産開発の万科、香港上場株は売り-JPモルガンが判断

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう