おすすめ記事

中国不動産開発の万科をジャンク級に、一段の格下げも-ムーディーズ

記事を要約すると以下のとおり。

ムーディーズ・レーティングスは中国の不動産開発会社、 万科企業の格付けを投資適格級からジャンク級に引き下げ、さらなる格下げの可能性を警告した。
 ムーディーズのシニアバイスプレジデント、曾啓賢氏は今回の格付けはなお投資適格級にとどまっている。
 最近の債務リスクについて複数の保険会社が注意喚起-関係者中国不動産開発2位の万科、株と社債は記録的な安値水準に落ち込んでいる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国不動産開発の万科をジャンク級に、一段の格下げも-ムーディーズ

Twitterでフォローしよう