おすすめ記事

中国中銀の人民元支援策、企業に思わぬ痛み-含み損拡大のケースも

記事を要約すると以下のとおり。

中国人民銀行(中央銀行)は今年に入り、低迷する人民元を防衛するため、人為的に高く設定された基準値を利用してきた。
 一例を挙げると、上海上場の恵而浦(中国)は、1-9月に為替関連資産とヘッジで3140万元(約6億2500万円)の含み損が生じたと明らかにした。
同社の財務部門に電話で取材を試みたが応答はなかった。
    ポール・マッケル氏率いるHSBCホールディングスのアナリストは、「現在のドル・人民元を下支えするため、中心レートをスポットレートより平均398ピップス元高水準に設定。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国中銀の人民元支援策、企業に思わぬ痛み-含み損拡大のケースも

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう