おすすめ記事

中国人民銀総裁:定期的な為替介入、おおむね終了-「権利は有する」

記事を要約すると以下のとおり。

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は15日、ワシントンのピーターソン国際経済研究所で講演し、中国は定期的な為替市場への介入をおおむね終了し、同国の家計による人民元使用の緩和拡大を目的とする政策を追求する考えを示した。
 米財務省は半期に一度の外国為替報告書で、中国の外為政策について「管理フロート制となお呼ぶことができるが、主に市場によって決定されなければならない」と説明した。
債務交渉、米中関係  易総裁は、債権国間の「平等で公平な」取り扱いが行われるべきだとの中国の姿勢を重ねて訴えた。
また米国との二国間協議やイエレン米財務長官の訪中の可能性については、世界経済が直面している難問を考慮すれば、米中間のコミュニケーションは現時点で重要だと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国人民銀総裁:定期的な為替介入、おおむね終了-「権利は有する」

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう