おすすめ記事

中国依存の欧州株は売りとゴールドマン、米重視銘柄はドル高の恩恵も

記事を要約すると以下のとおり。

ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストは、中国の消費低迷や貿易面で緊張感が高まっていることを理由に、同国での売り上げに大きく依存する欧州企業の銘柄について売りを推奨している。
 ゴールドマンの銘柄バスケットは、主に高級品や自動車、基礎資源、半導体といったセクターで構成される。
これには、中国での売り上げが全体の17%を占める化粧品メーカーのロレアルといったフランスの銘柄が入る。
 ドル高シナリオの場合、ヘルスケアとメディア関連が大部分を占め、比較的ディフェンシブ色が強いバスケットの構成銘柄が恩恵を受けやすい。
 このグループは、「その他の条件が全て同じであれば、ドル高は米国にエクスポージャーのある欧州企業に有利に働くとしている。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国依存の欧州株は売りとゴールドマン、米重視銘柄はドル高の恩恵も

Twitterでフォローしよう