おすすめ記事

中国半導体メーカー長鑫存儲、2.8兆円の評価で資金調達検討-関係者

記事を要約すると以下のとおり。

中国の半導体メーカー、 長鑫存儲技術は新規株式公開(IPO)を先送りする代わりに、約1400億元(約2兆8000億円)との企業価値評価で資金調達を検討する方針だ。
 華為技術(ファーウェイ)と同じく、長鑫存儲は人工知能(AI)から自動運転車まで多くの進歩を支える半導体を中心に、米国の技術と肩を並べようとする中国の野心を体現する数少ない企業の一角だ。
同社株に対する十分な需要を喚起できなければ、取引は実現しない恐れもあるという。
 農薬・種子メーカーのシンジェンタグループは先月、市場の変動が大きいとして90億ドル(約1兆3000億円)規模の上海IPOを2024年末に延期すると発表。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国半導体メーカー長鑫存儲、2.8兆円の評価で資金調達検討-関係者

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう