おすすめ記事

中国当局の大胆な株式支援策、不信感募らせる投資家の反応冷ややか

記事を要約すると以下のとおり。

中国当局は株式相場の急落阻止に向け、これまでで最も 大胆な計画を検討しているが、投資家の不信感という壁にぶつかっている。
 この上昇が続かなければ、投資家信頼感の悪化スパイラルに拍車がかかる恐れが強まる。
経済政策や政治環境の全体的な退化が理由だ。
前日には5年ぶりの安値水準に落ち込んでいた。
アリババADRが急伸、馬雲氏が5000万ドル相当を投じたと伝えられたが、買いが一巡すると株価は再び下落した。
 昨年の急落では、株取引の印紙税減税や政府系ファンドによる上場投資信託(ETF)購入など、相場を反転させようとさまざまな取り組みが行われたが実を結ばなかった。
 ソシエテ・ジェネラルの大中華圏担当エコノミスト、ミシェル・ラム氏は「政府が株式の買いで介入しても経済問題に対処する大型の刺激策がなければ、相場上昇は必ずしも持続できないことを2015年の経験は示している」と指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国当局の大胆な株式支援策、不信感募らせる投資家の反応冷ややか

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう