おすすめ記事

中国碧桂園に利払い猶予期限迫る、初のドル建て債デフォルトに近づく

記事を要約すると以下のとおり。

中国不動産開発大手の 碧桂園は、同社初のドル建て債デフォルト(債務不履行)を回避するため利払いを実施する期限が刻々と迫っている。
 これはかつて中国不動産デベロッパー最大手だった同社にとって最初の大きな試練となる。
 同社のドル建て債券は額面1ドル当たり4-6セント前後で取引されており、投資家の期待の低さを映していることを考えると、最終的にデフォルトに陥っても驚きではなさそうだ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国碧桂園に利払い猶予期限迫る、初のドル建て債デフォルトに近づく

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう