おすすめ記事

中国経済の最悪期は終わったか、政策急転換で楽観高まる-なお懸念も

記事を要約すると以下のとおり。

数年にわたり中国経済が新型コロナウイルスを徹底的に抑え込む「ゼロコロナ」政策や不動産およびテクノロジー部門への締め付けで打撃を受けるのを見てきた投資家が、突如として最悪期は終わったと楽観的になっている。
北京市での抗議活動(2022年11月27日)Source:Bloomberg  米ジョンズ・ホプキンズ大学の洪源遠教授(中国政治経済学)は「政策転換の根本的な原因は、意思決定の権限が習主席に集中したことだ。」
アリババとテンセント・ホールディングス(騰訊)は2023年に入り時価総額が合わせて約1000億ドル(約13兆1800億円)増加。
 グロー・インベストメント・グループのチーフエコノミスト、洪灝氏は中国の最近の変化について、「驚くほどだと指摘。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国経済の最悪期は終わったか、政策急転換で楽観高まる-なお懸念も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう