おすすめ記事

中国警察が監視、恒大の創業者はどんな人物でどうなるのか-Q&A

記事を要約すると以下のとおり。

中国不動産危機の発端となった 中国恒大集団の許家印会長が警察に連行された。
 警察が恒大創業者の許氏を監視下に置いたことで、世界で最も債務負担の大きい不動産開発会社である同社と許氏(64)の今後に強い疑念が浮上した。
 林業をなりわいとする貧しい家庭に生まれた許氏は、30年余り前に共産党に入党。
しかし、結局のところ、こうした党とのつながりも恒大のデフォルト(債務不履行)を回避するには十分ではなかった。
 鉄鋼会社を辞めて深圳に向かったのは92年だった。
 96年に恒大を設立し、多額の借り入れに頼り成長を遂げた。
 2020年に流動性不安に見舞われた同社は、23年半ばまでに1000億ドル(約15兆円)の負債をほぼ半減させる計画を発表。
一部のドル建て債の利払いを怠った。
 ブルームバーグの算出では、同氏の資産は多くが恒大株から得たもので、09年の上場以来、配当金70億ドル余りを受け取っていた。
4.許氏は今どこにいるのか  ブルームバーグは許氏が今月に入り中国警察に連行され、監視下に置かれたと報じた。
パスポート(旅券)と身分証明書は警察に連行されたと報じて以来、中国当局の発表は  ブルームバーグが許氏が警察に引き渡される。
6.許氏の今後は  今のところ不明だ。
当局は9月、恒大の再編計画に不確実性がもたらされた。
債権者との合意に達しない場合、清算される可能性が高まっている。
8.恒大の株価は  恒大の財務健全性に対する懸念が一気に膨れ上がった。
 恒大株は今年8月28日に1年5カ月ぶりに売買が再開されたが、同日の取引時間中には87%下落する場面もあり、1香港ドルを大きく割り込んだ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国警察が監視、恒大の創業者はどんな人物でどうなるのか-Q&A

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう