おすすめ記事

中小型株投信「ダイワ大輔」好成績、迫る「DX2025年の崖」が裏付け

記事を要約すると以下のとおり。

デジタル化で遅れを取り戻そうとしている日本政府の動きは、大和アセットマネジメントの好成績中小型株ファンドの投資戦略を裏付けるものとなっている。
    2つのファンドで約150億円を運用する椎名氏は、経済産業省が2018年に警鐘を鳴らした「2025年の崖」に注目している。
「ダイワ大輔」や「笑顔のかけはし」は年初来で35%以上のリターンをあげている。
 金利が上昇する中、椎名氏が保有するSBテクノロジー株は36%値上がりした。
気候変動関連の銘柄も組み入れ上位にあり、電気自動車(EV)向け部品を扱う芝浦機械やバイオテクノロジー企業のGreenEarthInstituteなどにも投資している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中小型株投信「ダイワ大輔」好成績、迫る「DX2025年の崖」が裏付け

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう