おすすめ記事

乱気流データ収集システムに航空各社が関心-シンガポール航空事故で

記事を要約すると以下のとおり。

国際航空運送協会 (IATA)の乱気流認識プログラムに対する関心が航空会社の間で高まっている。
 IATAの安全・セキュリティー・運航担当責任者ニック・カリーン氏によると、同プログラムには現在21の航空会社がデータを提供しており、IATAは2024年末までに1億5000万便からの乱気流データ収集を目指している。
シンガポール航空のSQ321便で提供された酸素マスク(5月21日、ロンドンからシンガポールに向かう途中、タイ領空に入ったところで激しい乱気流に遭遇した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 乱気流データ収集システムに航空各社が関心-シンガポール航空事故で

Twitterでフォローしよう