おすすめ記事

人民元安の流れ止まらず、当局の下支え強化でも-ウォール街の見方

記事を要約すると以下のとおり。

米ウォール街は中国人民元について、中国政府当局が安定化に動く中でもなお多くの下落余地があると見ている。
中国の利下げは米国との金利差を拡大させただけで、個人消費を刺激するための大規模な措置が取られていないことや不動産セクターの危機が広がっていることで、投資家の信頼感は一段と打撃を受けている。
    中国当局は人民元の下支えに向けた措置を強化しているが、問題は中国の金利が米国の金利をなお大きく下回っていることで、米2年物国債利回りは現在、同年限の中国国債を約290ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回っており、これは06年半ばの以来の大きさだ。
    人民銀は17日公表した4-6月(第2四半期)の「貨幣政策執行報告」で、同行の緩和的政策スタンスをほぼ再確認しつつ、「マクロ経済政策の調整を強化すると表明。
 ノムラ・シンガポールのグローバルFX戦略責任者、クレイグ・チャン氏は、1ドル=7.50元以上のドル高・元安となる可能性があると指摘。
OfficialFixingIncreasinglyStrongerThanConsensusSource:Bloomberg  ただ、人民元安は中国にとってプラスの面もある。
だからこそ、若干のインフレ輸入を可能にするため人民元の下落を容認しつつあると指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 人民元安の流れ止まらず、当局の下支え強化でも-ウォール街の見方

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう