おすすめ記事

人類は再び空の旅を楽しむ-燃料消費、新型コロナ禍前の水準に戻る

記事を要約すると以下のとおり。

今では、バカンスに出掛ける人たちを乗せた航空機がひっきりなしに上空を飛び交うようになった。
国際航空運送協会(IATA)は、今年は記録的な量の燃料を使用すると予想する。
 一方、石油業界にとってはこの復活は歓迎すべきことだ。
 業界コンサルティング会社FGEの精製品責任者、ユージン・リンデル氏は、「人類は再び旅行をするようになった。」
今年はアジア、欧州、北米で大幅に増加し、9.7%の伸びが見込まれている。
JetFuelComebackEvolutionofjetfueldemandcomparedwith2019Source:Vitol  とはいえ、世界最大の独立系石油商社ビトル・グループのアナリスト、サイモン・ウォーレン氏は、今年のジェット燃料需要は、20年以来初めてコロナ前のレベルに戻っている。
回復の主役は短距離路線。
ディーゼル燃料は、ジェット燃料と比較的類似した燃料タイプで、世界の石油市場でより大きなシェアを持つ。
その上で、昨年は国際線の便数がまだまだ非常に少なかったと指摘した。
 国際エネルギー機関(IEA)もFGEも、暖房用灯油を含むジェット燃料の需要が今年、19年の水準を上回るとは予想していない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 人類は再び空の旅を楽しむ-燃料消費、新型コロナ禍前の水準に戻る

Twitterでフォローしよう