おすすめ記事

今年のIPO、金融危機以来最大の減少-バンカーは早期回復見込まず

記事を要約すると以下のとおり。

新規株式公開(IPO)は世界金融危機以降で最長の低迷に向かいつつあり、バンカーは早期回復を予想していない。
 ゴールドマン・サックス・グループの日本を除くアジアの株式資本市場共同責任者、エドワード・ビュン氏は、「株式資本市場の活動再開には2つの要素が必要だ。」
 SteepestSlumpin14YearsGlobalIPOsareontrackforthebiggestfallinproceedssince2008Source:Bloomberg  ブルームバーグのデータによれば、今年の新規上場の落ち込みは、IPO総額は前例のない6550億ドルに膨らんだ。
 昨年IPOを実施した注目銘柄の多くが公開価格を割り込んでいることも良い材料ではない。
米国のIPO総額は240億ドルで、1990年以来最低。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 今年のIPO、金融危機以来最大の減少-バンカーは早期回復見込まず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう