おすすめ記事

仮想通貨混乱で明るみ-「最後から2番目の貸し手」も関連銀行に融資

記事を要約すると以下のとおり。

米国の連邦住宅貸付銀行(FHLB)制度は1世紀近くにわたり、短期資金を必要とする銀行にとって望ましい選択肢だった。
FHLB制度は危機時や景気悪化期の安全網とされ、「最後から2番目の貸し手と呼ばれてきた。」
 業界団体のストラクチャード・ファイナンス・アソシエーションのマイケル・ブライト最高経営責任者(CEO)は仮想通貨関連の金融機関への注目について、「皮肉なことだ。」
貸し付けは住宅ローンや政府保証付き証券などで100%担保されているからだ。
 昨年11月にFTXが破綻する前、米連邦住宅金融局(FHFA)はFHLBについて既に包括的な再検証を行っていた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 仮想通貨混乱で明るみ-「最後から2番目の貸し手」も関連銀行に融資

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう