おすすめ記事

企業決算本格化、半導体関連に収益底打ち期待-予想超えが株高要件に

記事を要約すると以下のとおり。

月末から本格化する日本企業の決算発表では、半導体関連企業の収益底打ちが期待されている。
半導体受託生産最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は19日、設備投資の年間見通しをアナリスト予想超の320億ドル(約4兆7900億円)とした。
このため、市場の予想を超えるような収益回復が見られないと株価の反応は限定的になる公算が大きい。
半導体サイクルはボトムとの見方もあるとして「転換点になってくる」と指摘した。
鉱工業指数(8月確報)で電子部品・デバイス工業の生産と出荷がともに増加(前月比0.5%増、同7.2%増、同7.2%増)に転じ、在庫も減少(同6.3%減)した。
経営改革  新型コロナウイルス感染症の5類移行を受けて、7-9月期の市場予想は売上高が前年同期比1.9%増。
経常利益は同16%減だが、情報・通信(ソフトバンクグループ)を除くと1桁台前半の増益となる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 企業決算本格化、半導体関連に収益底打ち期待-予想超えが株高要件に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう