おすすめ記事

休み明けの米国債市場、長期債に買いが戻る見通し-先物相場が示唆

記事を要約すると以下のとおり。

年限10-30年の米国債に連動した先物相場が29日に上昇。
債務上限を巡る法案が議会を通過すれば、財務省短期証券(Tビル)が一気に大量発行されるとの見通しもある。
 米国債利回りは先週26日の時点で、全ての年限で3月上・中旬以来の高水準に達し、地銀破綻に起因する貸し出し基準引き上げを背景とした低下分のほとんどを帳消しにした。
ここ数週間の利回り上昇は短期債が中心で、利上げ観測の広がりを反映していた。
しかし26日の利回り水準から判断すると、国債のショートポジションが積み上がったとみられ、相場の上昇局面では買い戻しが入るだろうと同氏は述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 休み明けの米国債市場、長期債に買いが戻る見通し-先物相場が示唆

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう