おすすめ記事

住宅市場の崩壊が英中銀に方針転換迫るだろう-元MPC委員

記事を要約すると以下のとおり。

イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)の元メンバー、ダニー・ブランチフラワー氏は、「崩壊しつつある」住宅市場がイングランド銀に利下げへの急転換を迫るだろうと予想した。
同氏は「住宅価格は急落している」と指摘。
「景気が急激に減速する中で本当に悪いことが起こり始め、中銀と市場はそれから対応することになるだろう」と話した。
なぜならその変更が効果をもたらすには時間がかかるからだと述べ、「注目すべきは崩壊しつつある住宅市場や景気減速だ。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 住宅市場の崩壊が英中銀に方針転換迫るだろう-元MPC委員

Twitterでの意見

天底FX
英中銀、住宅市場の崩壊懸念も-ピーク金利6%未満とブルーベイ想定 (ブルームバーグ)
水上紀行STAFF@二代目
ダウディングCIO >英中銀の政策金利が年末時点で6.25%になるとの見通しを短期金融市場は織り込んでいるが、ブルーベイは5.75%と想定している 🤡ブルーベイは日銀にYCCアタックを仕掛けていたファンド 🇬🇧英中銀、住宅市場の崩壊懸念も-ピーク金利6%未満とブルーベイ想定
yuk2
英中銀、住宅市場の崩壊懸念も-ピーク金利6%未満とブルーベイ想定 - Bloomberg ●年末の政策金利が6.25%になるとの見通しを短期金融市場は織り込み ●「金融危機とスタグフレーションを結果的に招くだろう」とCIO https://…

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう