おすすめ記事

個人の押し目買いは恐る恐るか、ドル・円急落で-外為どっとコム総研

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行による予想外の金融緩和修正を受けた20日のドル・円急落は、FX(外国為替証拠金取引)を手掛ける個人投資家を委縮させる可能性がある。
 FX投資家は高金利通貨を売ることでスワップポイント(金利差)を得ることができる。
「10月までのように順回転が効いている状況では全くなく、ドル・円が下がったらどんどんドル買いを増やすという状況ではない。」
「130円を割れるともう一段ストップがありそうなポジション構成で、同時に137円台に戻ると、何とか逃げたいという動きで戻り売りが結構出そうな状況」とみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 個人の押し目買いは恐る恐るか、ドル・円急落で-外為どっとコム総研

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう