おすすめ記事

債券、株安ヘッジ手段として機能を2023年に回復か-MLIV調査

記事を要約すると以下のとおり。

バランスの取れた投資戦略とされる「60/40」ポートフォリオは世界的な金融危機以降で最大の損失を記録したが、今後は運用成績が改善しそうだ。
足並みをそろえた大幅な下げは、資産の60%を債券に振り向ける投資手法に存続の危機をもたらし、ウォール街は代替のヘッジ探しに走った。
 パルス調査では、23年は緩やかなリスクテークが拡大し、S&P500種株価指数がかろうじて4%程度の上昇を達成すると予想されている。
これは債券が再び分散化の対象になることを意味すると分析した。
 MLIV調査では回答者の予測は最低2000、最高5800とかなりの開きがあり、予想される米欧の景気悪化を背景に投資の見通しに相反する見方があることを浮き彫りにした。
 軟調な見通しを受け、大半の投資家は当面、株式保有をほぼ変えない方針だ。
HalfofInvestorsPlantoKeepStockHoldingsUnchangedOverthenextmonth,howdoyouexpecttochangeyourexposuretotheS&P500?Source:BloombergMLIVPulsesurveyDec.19-29.  バンダ・リサーチの集計データによると、過去8年のパターンでは個人投資家は株式と上場投資信託(ETF)の購入を1月に増やす傾向があり、年末にかけて活動を縮小した場合は特にその傾向が強まる。
ただ米金融当局と市場の新たな戦いを予告するものだ。
ただ先物市場のトレーダーは最初の利下げが23年中になるとの予想を変えていない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券、株安ヘッジ手段として機能を2023年に回復か-MLIV調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう