おすすめ記事

債券は上昇、利上げ休止観測で米金利低下の流れ-3-5年オペは減額

記事を要約すると以下のとおり。

2日の債券相場は上昇。
債券市場サーベイでの機能度改善については「6月のイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)修正の可能性を低下させる」とみる。
10年国債と先物決済に使われる受渡適格最割安銘柄(チーペスト)を対象とした指し値オペも継続した。
 長期国債先物6月物は一時前日比20銭高の148円94銭まで上昇後、オペ通知後に上げ幅やや縮小新発10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp)低い0.405%、一時0.4%と5月24日以来の低水準  関連記事ハーカー総裁、金利据え置き地点に近い-ディスインフレはペース鈍いFRBが発信した利上げ一時停止の信号、雇用統計控えた市場に波紋も米ADP民間雇用者数、5月は27.8万人増-全ての予想を上回る 米ISM製造業統計、7カ月連続の活動縮小-仕入れ価格も低下米労働生産性、1-3月確定値は2.4%低下-予想は2.1%低下。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券は上昇、利上げ休止観測で米金利低下の流れ-3-5年オペは減額

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう