おすすめ記事

債券は軟調、PMI統計受け米金利上昇-日銀会合への警戒感も強い

記事を要約すると以下のとおり。

債券相場は軟調。
早ければ27、28日の会合から議論を始めるという。
4月会合に向けて引き続き観測報道が出る可能性もあり、債券市場では政策修正への警戒感から買いにくさが意識されると話している。
 長期国債先物6月物は前週末比17銭安の147円54銭で取引を開始し、直後に147円52銭まで下落。
背景21日の米10年物国債利回りは前日比4bp高い3.57%程度【米国市況】株は小幅高、PMI統計を材料視-ドイツ債は下落米企業活動は上向き、4月PMIは予想外に上昇-インフレ加速リスク米金融当局は5月に追加利上げの方向、停止の可能性示唆か。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券は軟調、PMI統計受け米金利上昇-日銀会合への警戒感も強い

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう