おすすめ記事

債券トレーダー、数週間以内に10年物米国債利回り5%超を見込む

記事を要約すると以下のとおり。

債券トレーダーは今後数週間について、米国債利回りの上昇を見込んでおり、10年物利回りが5%を超えさらに高い水準へと上昇する可能性すらあるとみている。
 売買されているオプションの大半は11月か12月が満期。
これほどの高利回りに達すれば1994年以来となる。
 9月26日までの商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、先物市場では先週、利回り上昇に対するヘッジのため、10年物米国債のプットの建玉が急増した。
目立ったのは11月か12月満期の取引で、11月末までに利回り5%を見込むポジションが含まれている。
  資産運用会社のポジションは過去1週間にほとんど変化せず、約1万5000枚のネットショートを増やした。
   原題:BondTradersTargetTreasury10-YearYieldAbove5%WithinWeeks(抜粋)  。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券トレーダー、数週間以内に10年物米国債利回り5%超を見込む

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう