おすすめ記事

債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用

記事を要約すると以下のとおり。

金利市場で米連邦準備制度の劇的な方向転換を見込む取引が注目を集めている。
 23年9月、12月、12月までに4.6%前後になることを想定している。
 取引が多いSOFRオプションのパッケージはスワップ市場が現在織り込む水準の半分未満の金利を目標としている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用

Twitterでの意見

horizon_investment
そりゃ株もぶっとぶわけだわ 債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用 より
kouen
債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用
ちろ@米国株
"過去2週間ほどにはトレーダーが97.00と98.00を行使価格とするコールスプレッドを選好していた。それぞれ政策金利3%と2%に相当する水準だ" 債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用 より
ソンデン
Bloomberg news 債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用 楽天市場 イベント
hagiwararyu
BloombergJapanさんから 債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用   11月24日15時07分台のニュースでした
百円富士
債券市場で活発化、23年に米政策金利2%見込む取引-オプション活用 >オーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)市場は現在、米政策金利が来年半ばまでに約5%でピークになり、同年12月までに4.6%前後になることを想定している。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう