おすすめ記事

債券引き受けデスクとトレーダーのボーナス急上昇か-2024年の初予測

記事を要約すると以下のとおり。

2024年のボーナスに関するウォール街の最も早い予測の一つによると、2年間低迷していたボーナスは、特に企業の資金調達や債券売買を支援するデスクで急増しそうだ。
報酬は業務の成果に一致するだろうと、ジョンソン・アソシエーツのマネジングディレクター、アラン・ジョンソン氏がインタビューで述べた。
また、ウェルスマネジメントの需要も旺盛なため、同業務のボーナスは最大10%増える可能性があるとジョンソン氏は推測している。
 金融業界の2023年の平均現金賞与は前年比2%減の17万6500ドルと、19年以降で最低となった。
 今回は「各社が抑制のきいたペースで進むため、より持続可能な伸びとなるはずだ」とジョンソン氏は述べた。
投資家は米利下げへの期待を調整し続けている。
 一方、米株式相場は上昇を背景に5%程度増えるかもしれない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券引き受けデスクとトレーダーのボーナス急上昇か-2024年の初予測

Twitterでフォローしよう