おすすめ記事

債券強気派の「降伏」は終わりに近い-HSBCのメージャー氏

記事を要約すると以下のとおり。

債券の強気派にとって危険な時期は過ぎたのだろうか。
米政府が負債の金利と元本を支払うという保証にあらためて投資の安全性を見いだしていた投資家は大打撃を受けた。
スティーブン・メージャー氏   16日朝のブルームバーグテレビジョンの番組「サーベイランス」でメージャー氏は「降伏した投資家がいた。
顧客が資金を引き揚げ、それに対応するためかもしれないと話した。
債券市場のパフォーマンスが向上し始めるのはそこからだろう。
アカデミー・セキュリティーズのマクロ戦略責任者、ピーター・チア氏は、地政学的な分野では「われわれは日々のニュースに振り回される」が、今のところ不確実な中東情勢は投資家の関心の中で、国内問題である「財政赤字と債務、政治の機能不全」の後塵(こうじん)を拝していると指摘した。
(ブルームバーグ・サーベイランスはブルームバーグテレビジョン・ラジオの朝の番組です。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券強気派の「降伏」は終わりに近い-HSBCのメージャー氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう