おすすめ記事

債券投資家の読み外れる、2023年人気戦略が裏目-FOMCで大打撃

記事を要約すると以下のとおり。

ウォール街の多くが年初に当てにしていた戦略が、先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合での決定を受けて大きな打撃を被った。
 しかし先週の会合後に発表されたドット・プロット(金利予測分布図)で、今年末までの政策金利の予想が3月時点に比べて0.5ポイント引き上げられたことを受け、イールドカーブのスティープニングを見込む従来の人気戦略は放棄されつつある。
ウォラー理事、一部銀行巡る懸念で政策に変更あってはならない(1)    ドット・プロットでタカ派的な予測が示されたことから、短期金融市場では年内利下げの織り込みがほぼ消失。
2022年遅くにシティグループやJPモルガン・チェース、モルガン・スタンレーを含む各社が示した見通しでは、全てがイールドカーブのスティープ化を予想。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券投資家の読み外れる、2023年人気戦略が裏目-FOMCで大打撃

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう