おすすめ記事

元カーライルの大塚氏「PE流」上場企業ファンド開始へ-数千億円規模

記事を要約すると以下のとおり。

米投資ファンド、 カーライル・グループの日本拠点で副代表を務めた大塚博行氏(55)が、中長期的な視点から、国内上場企業の成長を支援するエンゲージメントファンドを立ち上げる。
投資期間は3ー4年で、海外部門を持つ。
日本の産業界再生には、成熟した大企業の変革が必要との考えからカーライルを離れて独立した。
当初約15人でスタートし、来年前半をめどに20人程度まで陣容を拡大する方針。
対話を通じた提案のほか、ファンドからの取締役派遣も検討する。
  大塚氏は旧住友銀行(現センクシア)への出資・非公開化などを手掛けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 元カーライルの大塚氏「PE流」上場企業ファンド開始へ-数千億円規模

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう