おすすめ記事

元FRB副議長ブラインダー氏、政策金利6%への上昇は想定せず

記事を要約すると以下のとおり。

元米連邦準備制度理事会(FRB)副議長で現在はプリンストン大学経済学教授のアラン・ブラインダー氏は、 米金融当局がインフレ抑制でリセッション(景気後退)を引き起こさずに経済のソフトランディング(軟着陸)を実現し得るとの楽観論を今年展開している最も著名な人物の一人だった。
これはもっと大幅な利上げを予想する理由があることを意味する。
アラン・ブラインダー氏Photographer:ChrisGoodney/Bloomberg  このほか、2%のインフレ目標を米金融当局が再考する必要があるとの見方については、「当局の中で議論は全くない。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 元FRB副議長ブラインダー氏、政策金利6%への上昇は想定せず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう