おすすめ記事

元FRB理事のクロズナー氏、市場の3月利下げ観測は時期尚早

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)理事を2006-09年に務めたランドール・クロズナー氏は10日、多くの投資家やエコノミストが3月の利下げを想定していることについて、労働市場が依然として堅調である中で、時期尚早との認識を示した。
 先物の動向によれば、投資家は現在、年内の利下げ幅を約140ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と見積もっており、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での緩和開始確率は60%超。
失業率は昨年12月の3.7%から「かなり」の上昇を見込んでいる。
市場は利下げ予想に躍起だと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 元FRB理事のクロズナー氏、市場の3月利下げ観測は時期尚早

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう