おすすめ記事

円が対ドルで年初来安値を更新、日米金利差で-高まる介入警戒感

記事を要約すると以下のとおり。

外国為替市場で円が対ドルで150円台前半に急落し、年初来安値を更新した。
 三菱UFJ銀行米州金融市場部の藤田大志調査役は、円相場は3日に付けた年初来安値を下回り、ストップロスも巻き込んで下落したと指摘。
10月31日-11月1日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利の据え置きが見込まれているが、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は追加利上げの可能性を排除していない。
日銀が主要国で唯一のマイナス金利政策を維持する中、低金利の円を借り入れて高金利通貨で運用するキャリートレードを背景としたすう勢的な円安基調に変調の兆しは見られない。
翌10月にも2回の介入を行い、およそ9兆円を費やした。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円が対ドルで年初来安値を更新、日米金利差で-高まる介入警戒感

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう