おすすめ記事

円が対ドルで年初来安値を更新、日米金利差で-高まる介入警戒感

記事を要約すると以下のとおり。

外国為替市場で円が対ドルで150円台前半に急落し、年初来安値を更新した。
 三菱UFJ銀行米州金融市場部の藤田大志調査役は、円相場は3日に付けた年初来安値を下回り、ストップロスも巻き込んで下落したと指摘。
10月31日-11月1日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利が長期間維持されるとの見方から米長期金利は2007年以来の5%台で推移した。
日銀が主要国で唯一のマイナス金利政策を維持する中、低金利の円を借り入れて高金利通貨で運用するキャリートレードを背景としたすう勢的な円安基調に変調の兆しは見られない。
翌10月にも2回の介入を行い、およそ9兆円を費やした。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円が対ドルで年初来安値を更新、日米金利差で-高まる介入警戒感

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう