おすすめ記事

円は対ドルで141円台後半、米金利大幅低下でドル安-植田発言は重し

記事を要約すると以下のとおり。

28日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=141円台後半と、前日夕から上昇して推移。
植田総裁の発言については「出口に向かっていることは間違いなさそうだ。」
2年債利回りは10bp低い4.23%程度と5月以来の低水準。
 一方、円相場については、日銀の早期修正観測の後退が上値を抑える可能性もゼロではないが「今のところそんなに高いとは思わない」と述べた。
関連記事【米国市況】株続伸、好調な入札で利回り急低下-ドル一時141円55銭【要人発言】強国建設と民族復興が中国と党の中心的任務だ-習近平氏。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は対ドルで141円台後半、米金利大幅低下でドル安-植田発言は重し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう