おすすめ記事

円は対ドルで143円台後半、日銀据え置きで円安もドル軟調で下げ縮小

記事を要約すると以下のとおり。

20日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=144円ちょうど付近で推移。
「その後ドル高・円安が続いたわけでもなく、インパクトとしては限定的だった」と述べた。
3月ないし4月に日銀政策修正とのコンセンサスが覆らない限り、円が150円を目指す動きにはなりづらいだろうと述べた。
アトランタ連銀のボスティック総裁が早期利下げ観測をけん制したものの、相場への影響は限定的だった。
藤田氏は、今週は日本の全国消費者物価指数や米国の個人消費支出(PCE)コアデフレーターといった経済指標の発表が残っているものの、「市場参加者が少なく方向感を持った動きになりづらい。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は対ドルで143円台後半、日銀据え置きで円安もドル軟調で下げ縮小

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう